(こ)ほっこり絵本の時間

ここいちで毎週木曜日に行われているこの時間は、絵本や紙芝居の読み聞かせを楽しみながら、物語の中に様々な考え方や気持ちに触れることにより、思考力や豊かな感情を育みます。自然に言葉に親しみ、語彙を増やしていきます。
皆で一緒に絵本の世界を共有することにより、仲間との心の交流も楽しめます。
 

 
本日、11月1日(木)の絵本は、こんな感じです。
 
一冊目(画像右)は、『ぶたラッパ』(さく・え 下田昌克 らっぱ 谷川俊太郎 そうえん社)です。
ぱっ、ぴっ、ぷっ、ぺっ、ぽっの撥音とブタ鼻を、みんながどんどんまねしておおはしゃぎ!
楽しい中で、自然に、リズム感の獲得、発語の促進につながっていきます。
小学校低学年からを対象に選書しています。
 
二冊目(画像中央)は、『ひよこのピケキョ』(さく ジャニーン・ブライアン え ダニー・スネル やく ひこ・田中 東京書店)です。1羽だけ鳴き声が違うひよこのぴーちゃんが、最後はみんなに受け入れられるお話です。
ほっ、と気持ちが暖まります。
小学校低学年から高学年を対象としてイメージし選書しています。
 
三冊目(画像左)は、『もっと おおきな たいほうを』(二見正直・作 福音館書店)です。
相手に負けないよう、どんどんおおきなたいほうをつくっていく、王様ときつね達。
ユーモラスな展開の末、争いはやめよう、となります。
友達とのけんかと仲直り、果ては平和について、考えるきっかけとなればいいなと思います。
小学生から中学生をイメージして選書しています。
 

*児童の皆さんに見えやすいよう、目の高さに本を掲げて読んでいます*
 
これからも、人気の新刊書も交えながら、豊かな時間を作っていきます!