ホーム > 【新年のご挨拶】

【新年のご挨拶】

新年あけましておめでとうございます。

 

この度、児童発達支援・放課後等デイサービスの弊社グループ1号店、「児童デイサービスはっぴー」がおかげさまで丸5年を経過いたしました。

これもひとえにご利用いただいているご利用者皆様のおかげだと思っております。

誠にありがとうございます。

 

5年という年月にはとても感慨深く、また遠い昔のように感じています。

 

「はっぴー」を立ち上げたときもそうですが、「ほっぷ」と「はっぴー交野店」を同時にオープンしたときは、さすがに資金が苦しく、しかも代表プロフィールで書いている通りネットワークビジネスのつけで、クレジットカードも作れず、当然融資も受けれない状況でしたので、自己資金がすっからかんになりましたがなんとか交野店もほっぷもうまく運営が回りだし、ほっとしたことを今でも思い出します。

しかし、あの時2店舗同時オープンという無茶をしたことが今では一つのターニングポイントだったのかなと思います。

 

「はっぴー」は田中や岡北などの訪問介護・ガイドヘルプメンバーで始まり、齋藤、堀野、植田と初期からいるメンバーが頼れる責任者になり、基盤になる人材がしっかり各店舗の色を出してくれたことや、辞めなかったことも大規模展開(現在はグループで関西に46事業所(予定を含む)あります)できた理由だったと思います。

 

そして間違いなくご利用者の皆様が利用してくださったおかげだと感謝しております。

今後は、既存の店舗において事業所が狭いところは近くの広い店舗への移転、設備・備品・教材の充実、プールや運動ができる施設をつくること、作業所内容の多様化、グループホーム開所などが視野に入っていますので還元させて頂く所存です。

 

最後に、この4月から児童発達支援、放課後等デイサービスは、運営していくための要件が非常に厳しくなります。簡単に言えば責任者が辞める、もしくは責任者ではなくても一般職員に保育士資格者や放課後デイの実務経験を持ったものがいなければ事業所を閉じざるをえなくなり、閉鎖する事業所が多く出てくるのではないかと思われます。

弊社にとっても例外ではありません。変なお願いにはなりますが、何卒、弊社スタッフを叱咤激励しながらも、どうぞ末永く可愛がっていただければ幸いでございます。

 

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

グループ代表取締役会長

一之瀬 知樹